老朽化対策

老朽化、安全性の向上

•処理施設の老朽化により、様々な問題点があります。
• コンクリートの老朽化は漏水や崩落の危険性。
• タンクの老朽化は漏水や破裂の危険性。
• 覆蓋の老朽化は脱落の危険性。
• 機器、装置の老朽化は性能低下。
といったように、現状の改善は急務となっています。
問題が起こってから対策するには、費用も期間も大きくなって
しまう事から、早めの診断や対策を推奨します。

コンクリート水槽

• 問題点
補修の必要性があるかが不明。
排水を止める事が出来ない。
• 対策
まずは診断で状況を把握し、診断内容をご報告します。
仮設水槽を使用し、工事を可能に。

診断から補修までをトータルサポート。

エポキシライニング

エポキシライニング

貯留タンク

• 問題点
老朽化しているか判断できない。
既設タンクからの交換は大変そう。
• 対策
まずは診断で状況を把握。→診断内容のご提案。
現場補修、交換工事まで一括対応

タンクのみ、工事込みのいずれも提案可能です。

覆 蓋

• 問題点
腐食による転落事故、作業性が悪い(重い)
• 対策
高耐蝕性能、軽量化

FFRPのご提案

散気装置

• 問題点
修理・交換のタイミングがわからない。
費用がかかる。
• 対策
撹拌効率の改善。
溶解効率の改善。
ランニングコストの削減。

水質汚濁防止法対応

• PVC配管劣化診断
• 二重管
• フランジカバー
• 各種ドレンパン

仮設水処理装置

• さまざまな対策工事の際にも、弊社仮設水処理装置があれば、排水処理を止めることなく工事を行うことが出来ます。

老朽化事例

事例1

コンクリート槽にエポキシライニングを施工した事例
事例1

事例2

SS製グリーストラップをPVC製に交換した事例
事例2

事例3

穴が開いたSUS配管をFRPライニングした事例
事例3

事例4

FRPタンクのアンカー座を交換した事例
事例4

事例5

SS製配管に塗装をした事例
事例5