ハイジェニックウォーター(弱酸性次亜塩素酸水)

人にも環境にも安心・安全な「ハイジェニックウォーター」

 

 

ハイジェニックウォーターは除菌や消臭に効果がある次亜塩素酸水です。

水道水と、食品添加物である次亜塩素酸ナトリウムと希塩酸を原料として作られています。

 

人の肌と同じ弱酸性(pH値5.5~6.5)ですので、肌についてしまっても荒れる心配はありません。赤ちゃんやペットにも安心してお使いいただけます。

 

アルコールよりも除菌性に優れており、インフルエンザやノロウイルスなどの除菌効果が認められています。最近では、新型コロナウィルス対策としても注目を集めています。

 

漂白剤として有名な「次亜塩素酸ナトリウム(アルカリ性)」とは異なり、「次亜塩素酸水」は酸性で、食品添加物として厚生労働省により認可されておりその安全性が認証されています。

 

 

次亜塩素酸はpHによって、有効塩素(次亜塩素酸)の存在率が大きく変わります。

除菌効果の高い次亜塩素酸(HClO)は、pH9~10ではほとんど存在しません。

ハイジェニックウォーターは、有効塩素の存在率が高く、人の肌に優しいpH5.5~6.5に調整しています。

 

pHが低くなりすぎると、猛毒の塩素ガスが発生する可能性があります。

酸性の液体と混ざることが無いよう、十分ご注意ください。

 

 

 

ハイジェニックウォーターの特長

 

1.高い除菌効果

 

次亜塩素酸水には、大腸菌O-157、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌、サルモネラ菌、シリウス菌に対する除菌効果があります。

 

インフルエンザウイルス、ノロウイルスに対しては、次亜塩素酸ナトリウムの有用性が示されております。

 

次亜塩素酸ナトリウムより除菌効果の高いと言われる次亜塩素酸も、インフルエンザウイルス、ノロウイルスに対して有用性があると考えられます。

 

 

 

 

2. 臭いの原因物質を分解して消臭

 

タバコ、生ごみ、トイレなどの気になる臭いの元になる原因物質を分解します。香りつきの消臭剤が苦手な方にもおすすめです。

 

 

 

 

 

 

3. 水に戻るから人にも環境にも優しい

 

菌やウイルス(有機物)を分解した後、水に戻ります。

 

アルコールや漂白剤よりも手に優しく、手指の除菌やベビー用品の除菌にも使えます。

 

 

 

 

4. 「関西化工株式会社」が製造

 

次亜塩素酸水はわずかに塩素のような臭いがしますが、見た目は水と同じです。専用の製造機でなければ生産できないにもかかわらず、「簡単に自分で作れる」などといったデマが広がったり、「次亜塩素酸水」と記載されていても成分は次亜塩素酸カルシウムや次亜塩素酸ナトリウムとなっている模造品、偽造品が出回っていますのでご注意ください。

ハイジェニックウォーターはノロウイルス対策商品として2014年から製造・販売しています。第三者による除菌試験を行い効果を実証した商品ですので安心してお求めください。

 

 

 

5. 製造方法について

 

次亜塩素酸水には、大きく2つの製造方法があります。

1つは、食塩水などを電気分解して作る方法。

もう1つが、次亜塩素酸ナトリウムのpHを調整する方法です。

ハイジェニックウォーターは、次亜塩素酸ナトリウムをpH5.5~6.5に調整して作っています。

※食品添加物として認められているのは、電気分解で作った次亜塩素酸水のみです。

※家庭用の塩素系消毒剤(キッチンハイター)を希釈したものは全く違うものです。

 

 

 

どんなところに使えますか?

万が一、口に入ってしまっても安心な除菌水ですので、あらゆるものや場面での除菌・消臭に使用できます。

・手指の除菌 ・椅子や机の身の回りの除菌・消臭
・マスクの除菌 ・喫煙場所の消臭
・ドアノブの除菌 ・車のシートの消臭
・おもちゃ、哺乳瓶の除菌 ・店舗の除菌
・ペット臭の消臭 ・食器の除菌
・病院の待合室や設備の除菌・消臭 ・野菜の除菌

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペットにとってエタノール(アルコール消毒)は危険なことをご存じですか?

新型コロナウィルスの感染拡大により、アルコールで手指や家の中を消毒される方が増えている中、獣医師が注意を喚起しています。

 

犬や猫はアルコールを分解できず、少量でも口に入るとアルコール中毒を起こし、最悪の場合は命を失う可能性があります。

 

ハイジェニックウォーターは成分にエタノールを含んでおらず、動物病院でもお使い頂いていますので、安心してご使用ください。

 

 

 

ハイジェニックウォーターの使い方

スプレーボトルとポンプボトルはそのまま使える100ppm、タンクは水で希釈して使用する200ppmの濃度で作られています。

 

     スプレー / ポンプ タンク
  そのままつかえる濃度100ppm 水で希釈して使用する濃度200ppm

  

推奨濃度 -希釈して使う場合のおすすめ濃度-

 

 

 

モノの除菌 : 100ppm~200ppm

衣類、食器、ペット用品、赤ちゃん用品、マスクなど

 

 

 

 

 

肌の除菌 : 50ppm~100ppm

手指に直接スプレーする場合や、ペットに使用する場合

※肌が特に弱い方やお子様は50ppmでご使用されるとより安心です。

 

 

 

 

空間除菌 : 50ppm

噴霧器に入れて使用する場合 (次亜塩素酸水専用の噴霧器をご使用ください)

※次亜塩素酸水を空間に放出することで、お部屋に付着した菌やウィルスに効果を発揮します。

 

 

 

 

 

ハイジェニックウォーターのラインナップ

容量 20ml 50ml 360ml 1L 20L
有効塩素濃度 100ppm 100ppm 100ppm 200ppm 200ppm
 

 

ハイジェニックウォーター関連商品

 
型式 MX-200 HM-201 KC-MH-033
名称 超音波式噴霧器 超音波式噴霧器 超音波式噴霧器
容量 約4.0L 約5.0L 約8.0L
霧化量 約300cc/h 最大約350cc/h 約280cc/h
定格電圧 AC100V(50/60Hz) AC100V(50/60Hz) AC100V(50/60Hz)
適用床面積 ~約14畳 ~約26畳 ~約14畳
仕様濃度 50ppm 50ppm 40ppm

 

 

〇 ハイジェニックウォーターのカタログ 〇

〇 ハイジェニックウォータの取扱説明書 〇

〇 超音波式噴霧器(KC-MH-033)カタログ 〇

 

 

よくあるご質問

Q:ハイジェニックウォーターを手に直接付けてもいいですか?

A: 手、指の消毒にご使用される際は、個人差がありますので、異常がないか お確かめの上ご使用ください。敏感肌の方やお子様には、水道水で薄めるなど、調整してご使用ください。異常がある場合は使用を中止し、必要に応じ医師の診断を受けてください。

 

Q:ハイジェニックウォーターをモノにかける場合、どのように使用すればよいでしょうか。

A: 精密機器であれば、布などにふきかけ、除菌することをおすすめします。机など直接かけても問題ないものであれば、直接ふきかけ、布などでふき取ってください。

 

【スプレータイプ 100ppm】

Q:スプレータイプの取り扱いについて教えてください。

A: 次亜塩素散水は、紫外線に弱く、また長時間暖かい場所に保管された場合、有効成分が分解するため保管場所にご注意ください。

 

Q:使用期限はどれくらいでしょうか?

A: 使用期限は定めておりません。保管状態により大きく異なりますが、時間の経過にともない有効塩素濃度が低下する特性があるので、お早めに使い 切ることをおすすめしています。

 

【詰め替え用(1L、20L)200ppm】

Q: 使用期限はありますか?また、保管方法とかありますか?

A: こちらの商品は冷暗所で保管ください。使用期限は定めておりません。保管状態により大きく異なりますが時間の経過にともない有効塩素濃度が低下する特性があるので、お早めに使い切ることをおすすめしています。

 

Q:小分けにする場合、どういったボトルに入れたらいいでしょうか。

A: 紫外線に弱いため、透明のボトルは避け、色付きボトルをおすすめします。

 

Q:手や指の消毒に利用する場合 4倍希釈すれば利用できますか?

A: 50~100ppmで使用してください。2倍希釈で100ppm、4倍希釈で50ppmとなります。

 

Q: 加湿器に使えますか?

A: 次亜専用の噴霧器をおすすめします。 通常の加湿器でご使用の場合、加湿器の故障の原因に繋がる可能性があります。