オリ処理設備

オリ処理設備について
・日本酒製造工程において、「製品の清澄化」、「雑味成分の 除去」、「酒質を著しく失墜させる原因となる腐造乳酸菌栄 養物質の除去」を目的として、オリ下げ剤を添加しています。
・製造タンクにおいて添加したオリ下げ剤を分離した後、製品は「ろ過」、「火入れ殺菌」工程等の後に出荷されますが、
製造タンクの底には“高濃度のオリ”が残っています。
(当社調べ参考値:45,000 ℓタンク1基あたり、約450 ℓ)
・“高濃度のオリ”は、オリ下げ剤と酒の混合物ですが、従来 技術では処理が難しく、廃棄処分(フードロス)となっています。
・新たに開発した「オリ処理設備」は、“高濃度のオリ”から「酒成分」として“60~70%(実績値)”の分離を可能にし、廃棄物(フードロス)の削減に貢献します。

処理フロー

開放型円筒タンク
(原水タンク)
開放型円筒タンク

自動遠心分離脱水機
自動遠心分離脱水機

遠心分離後オリ
遠心分離後オリ

中空糸セラミックろ過設備
中空糸セラミックろ過設備
中空糸セラミックろ過設備

ろ過前処理タンク
ろ過前処理タンク

ろ過後処理タンク
ろ過後処理タンク

ろ過処理後 処理回収タンク
ろ過処理後 処理回収タンク