クチナシ

アカネ科      クチナシ属    常緑低木

原産地         東アジア(日本)

花期             6月

香り             ジャスミンのような香り

香り強度     ③  強い香り

三大香木の一つ。日本では街路樹や庭でよく見かける。六つの厚肉の花弁は、強い香りを生み出す。八重咲きの花もあり、グランドカバーとしても重宝される。赤黄色の果実は、染料や薬用として昔から使われている。英名は、jasminoides(ジャスミンのような)と呼ばれる。手間要らずで丈夫。ただし、花の寿命が短いのが残念。我が家の庭でも六本のクチナシが良い香りを漂わせています。

我が家の八重咲きのクチナシ

ロハスプラザは、グランドカバーにしています。店頭にも。

13年来、お世話になっている兵庫医大の立派なクチナシ。入院中、癒されています。

Tags: