お知らせ: 2020年 7月

ハイジェニックウォーターに新しいラインナップ!

2020.07.29

印刷用

 

ハイジェニックウォーター(次亜塩素酸水)の関連商品が発売しました!

 

忘れていませんか?トイレの感染対策!

「トイレ・ドアスプレー」

 

 

感染リスク

人はノロウイルスなどに感染すると、それらはお腹の中(小腸など)で増え、便中に排出されます。トイレットペーパーを10 枚重ねても、手指からウイルスが検出されたという報告があり、またドアの取っ手や水洗レバー、ペーパーホルダーなど多くの人が触れるところを介して、細菌やウイルスが手に付着する場合もあります。トイレ使用後は、多くの細菌やウイルスが手に付着しているということを認識してもらいましょう。

 

 

〇扉を閉めるたびに除菌・消臭

 扉を閉める度に次亜塩素酸水が噴射され、ドアや床を除菌します。

 

〇ドアに掛けるだけの簡単設置

 組立不要。スプレーをケースにセットするだけですぐに使えます。

 

 

カタログはこちら

 

吹田市から感謝状を頂きました。

2020.07.16

この度、吹田市長 後藤圭二様より感謝状を頂戴いたしました。

ハイジェニックウォーター(弱酸性次亜塩素酸水)を寄付させていただきました。

一日でも早く新型コロナウイルス感染が収束することを願い、今後も弊社ができることをひとつひとつ取り組んでまいります。

 

 

寄付させて頂いたハイジェニックウォーターの詳細はこちら

ハイジェニックウォーター(弱酸性次亜塩素酸水)

 

 

電気不要の家庭排水処理システムでSDGs(目標6)達成に貢献

2020.07.10

 

 

Domestic Multi-Recycler (DMR)は、各家庭設置向けの、電力不要の生活排水を処理するシステムです。処理後のきれいになった水は農業用水として利用します。また、処理の過程で発生する汚泥はコンポスト化して有機肥料として有効利用します。排水処理は、酸素を必要としない嫌気性微生物が行うので、浄化槽のようにブロワーで酸素を供給する必要がなく、電気は必要ありません。したがって、DMRの運転には、電力コストが不要です

 

 

DMRは現在、インドのグジャラート州にある村で実証実験を行っています。

排水処理システムがないところ、または排水処理システムがあったとしても機能していないところに、DMRを設置することで、水環境の改善をする。DMRが、SDGsの目標6「すべての人々に水と衛生へのアクセスと持続可能な管理を確保する」という目標達成に貢献できるよう、我々は邁進して参ります。